発売から15年。「ライカM8」がまだまだ現役で使える件

Leica M8Leica M8
Leica M8
Leica M8 デジタルライカ
この記事は約2分で読めます。

ライカM8は、2006年に発売されたライカ初のデジタルカメラ。

発売からすでに今年で15年経過することになる。

 

スポンサーリンク

ライカM8の良いところ。おさらい。


APS-H(フルサイズの1/1.33倍)サイズのコダック製CCDを搭載しており、画素数は1030万画素。

2021現在のiPhone よりもセンサーサイズが小さいのだが、あなどるなかれ。このライカM8にはスペックでは測れない魅力がある。

 

やさしく、そして、はかなく脆いような写りをする。M9やM10シリーズの描写とも違う、情緒的な描写・風合いを出すのであれば、これ以上の選択肢はないとさえ思ってしまう。

また、ライカモノクロームにも匹敵するんではないかと思ってしまうほどの、モノクロのグラデーション。

僕もこのM8の描写に惹かれて、ライカ沼に堕ちていったひとり。



スポンサーリンク

ライカM8での作例

M9、M10はどっしりとした力強い画作りになるのだが、M8の場合はふわふわ優しい描写が魅力。なので1/3段程度のハイキーがおすすめ。

 

Leica M8+NOKTON M35mm F1.4

 

Leica M8+NOKTON M35mm F1.4

 

Leica M8+NOKTON M35mm F1.4

 

 

 

いかがだっただろうか。

2021現在、ライカ社公式のサポートも切れ、いつ爆発するかわからない時限爆弾のような扱いをされているが、出力される絵はライカそのもの。価格帯も20万円前後で落ち着いており、比較的手が出しやすいエントリーモデルとしてもうってつけである。

 

私もライカとの初めての出会いはこのM8。

壊れるまで、大事に使っていたいと思っている。

 

 

まだまだ、現役の機種だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました