【ライカ】M11 最新情報 12月2日更新

Leica M11
Leica M11デジタルライカ
この記事は約2分で読めます。

信憑性の高そうな情報として、昨日12月1日より、M11に関する新たな情報が続々とアップデートされています。

Leica rumorsによると、そろそろ発表するとみられています。

Leica M11 rumored to have a new 60MP sensor and support tethering - Leica Rumors
I received some new information on the upcoming Leica M11 camera (see previous M11 rumors – if you have any additional information, you can contact me anonymous...

 

スポンサーリンク

2021年12月2日現在。未確定 Leica M11最新情報

M11正面リーク画像

 

Leica M10-R 正面画像。 Leica公式サイトより引用

 

非公式ではありますが、いよいよ正面画像がリークされました。

Leica M10-Rとの比較でもほとんど違いが見られませんが、それによると、高さがこれまでのフィルムライカと同様になると見られています。

薄さのLeica M10から、高さのM11へ。

 

これは嬉しい進化といえるでしょう。

その分、伝統の底面ベースプレートが廃止されると見られています。底面ベースプレートを無くすことによって得られたスペースの分、高さを圧縮したということなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

テザー撮影に対応か

テザー撮影にも対応するとみられています。

ソフトウェア側がどこまで即時対応するのか不明ですが、Capture OneはSLシリーズのテザーに対応しているので、期待値が上がります。

M型ライカが、いよいよプロ撮影の現場にも対応したということでしょうか。プロカメラマンの方にとっては、これだけで買い換える理由としては十分かもしれません。

 

スポンサーリンク

センサーは6,000万画素

画素数はなんと6,000万画素と見られています。当初の予想5,000万画素から、アップしました。これが実現するなら、SL2、Qをも上回ることになり、ライカ史上最高解像度を誇るM型の誕生となります。

 

まだ発表前ですが、正面画像が出てきたということは、いよいよでしょうか?

 

否が応でもでも期待が高まりますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました