アポズミクロン50mmは究極のレンズか

Leica M10
Leica M10Leica M10-Rアポズミクロンデジタルライカ
この記事は約2分で読めます。

 

Leica M10-Rと、Apo-Summicron M50mm F2.0レンズの組み合わせは、

ある種、究極のコンビネーションだと思う。

 

 

価格、描写力、解像感、、いろいろな究極があると思いますが、

僕が思う究極は、「いつも持っていたくなる満足感」という意味の究極です。

 

過去、いろいろなライカボディとレンズを使ってきて、コレクションアイテムとしての魅力や、道具としての魅力など、それぞれの機種ごとに異なるユニークネスはありましたが、満足感を満たしてくれるという観点では、随一です。

 

ライカ沼に関しては、いくつもベクトルがあるので、一概には言えませんが、ここが到達点の一つであることは疑いの無いように僕は思います。やっとたどり着いたような感覚を覚えています。

 

 

4000万画素という十分な解像感と、一本もっておけば、日常の多くのシーンに対応できてしまうという万能性。

 

特になにも予定がない日は、

このボディとレンズだけで、小旅行に出かけてみるなんてのも粋ですよね。

 

Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました