ドローンで有名なDJIが、Lマウントアライアンスに参画!ライカ、パナ、シグマに次ぐ4社目に。

Hasselblad
Hasselbladおすすめ情報
この記事は約2分で読めます。

ビッグニュース。朗報です。

ドローンで有名な中国のカメラメーカーDJIが、 Lマウントアライアンスに参画すると、正式表明を行いました。

 

Lマウントアライアンスといえば、独ライカ社と日本のパナソニック社、シグマ社が、3社共通のレンズ規格でアイテムをリリースするという共同体です。

これにより、高価なライカSLシリーズのレンズをパナソニックLUMIXで使えたり、安価なシグマのレンズをライカSLボディで使えたりするようになりました。

 

ここに今回、更にDJI社が加わるというのです。

公式YouTubeチャンネル

 

DJIといえば、かの有名なHASSELBLAD の親会社です。LeicaとHASSELBLAD のコラボレーションを見ているようで、胸が熱くなりますね。

 

Lマウントを採用した製品「Zenmuse X9Lマウントユニット」

 

発表された新製品は、ジンバルとフルサイズセンサー一眼レフカメラが一体化したようなこの斬新なデザイン。DJIポケットをそのままフルサイズかしたようなコンセプトで、勢いを感じます。

プロのビデオグラファーを意識していることは間違いありません。

 

SONY一択ともいえる現在のビデオグラファー界隈で、Lマウントがその突破口となるのでしょうか。

いまからワクワクが止まりませんね。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました