2022.9 開催!世界の中古カメラ市で、ゲットしたライカレンズは…

Leica M9
Leica M9エルマーデジタルライカ
この記事は約3分で読めます。

 

2022年9月、松屋銀座で開催されている「世界の中古カメラ市」。

今回も例に漏れず、行ってまいりました。

そして、何も買うつもりがなくても、見に行ってしまうとこうなります。今回もやって(買って)しまいました。久しぶりのマイ・ニュー・ギアです。

今回手にしたのはコチラのレンズです。

エルマー 135mm F4 です。

ライカで135mmといえば、ブライトフレームが出るギリギリ、レンジファインダーの最望遠レンズです。(特殊設計レンズ除く)

CMOSセンサーによる背面液晶や ビゾフレックス、ミラーレス機のSLシリーズの電子ビューファインダー登場により、以前より遥かに使いやすくなったライカの望遠レンズ。

ですが、なぜかライカの望遠レンズは、相変わらず人気がありません。

2022年現在も、その不人気ぶりは健在です(笑)

なんとも不遇な135mmレンズたちですが、おそらくその不人気の理由の一つに、このレンズの長さゆえのアンバランス感があるのでしょう。

ライカヘビーユーザーの皆様にとって、見た目はとても重要といえます。

うーん、私はこれはこれでアリですが。

好みが分かれそうなデザインはしていますよね。

それもあってか、この135mmのラインナップはライカレンズで最安値です。他のどのレンズより安いです。

ライカ純正のフードよりも、このレンズのほうが安いです。お値打ちで購入することが出来てしまうお得なレンズです。

スポンサーリンク

世界の中古カメラ市会場で、エルマー135mmを少しばかり試し撮り

Leica M9 + エルマー135mm F4 おお、バッチリ。

Leica M9 + エルマー135mm F4 こちらはシャッタースピードをミスりましたね。手ブレしています。

お財布に優しいライカ純正レンズ。エルマー135mm F4.0。実はこれスクリューマウントではなく、Mマウント。Mボディ対応の機種なんです。

オールドレンズですが、鏡胴の作りは新しさを感じます。紛れもなくライカのレンズ。

 

スポンサーリンク

まとめ

自分の中では、最近ライカの純正望遠レンズに興味が出てきています。

Elmarit 90mm F2.8よりも、更に先行く135mmの。この世界をしばし、堪能したいと思います。

世界の中古カメラ市は、レンズが欲しくなってしまう、魔物が住んでいるようです。

ご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました