これが復刻Leica M6。画像がリーク公開。

Leica M6
Leica M6
この記事は約2分で読めます。

近く再販が噂されているLeica M6。

今回ついに全貌を捉えたリーク画像がLeica rumorsに公開されました。

スポンサーリンク

再販M6は、そのままM6だった。細かい違いとは?

正面

旧モデルとほとんど違いがわかりません。新型のズミルックスを、装着していますね。

軍幹部

ERNST LEITZ WETZLAR GREMANYの表記が追加されてるのと、シリアル番号が登場100万番台だったものから、560万番台になっています。20年の歴史を感じますね。フォントは最新のものに変更されているようです。

  

背面

わかりにくいですが、よく見ると縦にMADE in GERMANY の評価が追加されています。

背面のフォントも当時と変わって最新のものに刷新されています。個人的には昔のフォントが好みです。

ここはデザイナーや、ブランド規程の統一性の問題なのでしょうか。

  

スポンサーリンク

まとめ

復刻Leica M6は、Leica M6だった。

微細な部分で現代の解釈に合わせてアップデートされていますが、そのままLeica M6ですね。

20年の刻を超えて蘇ったフィルムライカです。高騰が続くフィルム市場ですが、こういう新アイテムが登場するのが、ライカですね〜!

フィルム市場が盛り上がってくれるのを期待します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました