ライカM9のCCDセンサー供給終了。ついに激レアに。

Leica M9
Leica M9 デジタルライカ
この記事は約3分で読めます。

少し前の情報だが、ライカジャパンが正式にアナウンスしたLeica M9用CCDセンサーの供給終了との知らせ。いつかはこの日が来ると思っていたが・・。CCDセンサーの在庫限りで、修理サービスも終了とのこと。

 

ライカM9用CCDセンサーの供給が終了 M9-P/Mモノクローム/M-Eも対象 ライカM10などへのアップグレードを提供
ライカカメラジャパンは、レンジファインダーカメラ「ライカM9」などに用いられているCCDセンサーの部品供給が終了したと告知。部品在庫がなくなり次第、センサー交換を要する修理に限り、対応を終了すると発表した。

 

幸いにも我が家の防湿庫には、センサー交換済みのLeica M9が鎮座しているが、ますます持って出歩くのが億劫になってしまった。だって壊れるの怖いし・・。

 

巷の中古市場には、センサー交換前のM9やM9-Pが、まだまだ数多く流通している印象があるが、センサー交換代が20万円程度かかるんだっけか? 中古品がちょっと安いからといって、誤ってセンサー交換前の機種に手を出すと、後からCCD交換代金という高い勉強代を払わされることになる。しかし、これすらも過去の笑い話。今後は、CCDセンサーの交換そのものが出来なくなるわけだから、本当にただ観賞用アイテムである。

 

もしもその場合には、正式にM10シリーズへのアップグレードに特別料金で対応してもらえるようだが、中古M9が欲しかったのに、新品のM10に強制アップグレードって、本末転倒だ・・。

リセールバリューも上がりそう。

 

ただ今後は、M9のCtoC(個人間取引)売買には気をつけたい。センサー交換前のものが平気で売られているとも限らない。M9も2009年の発売から11年が経ち、正常動作する機種がどんどん少なくなってきているはずだから、CCDセンサーが正常のM9なんて激レアになっていくんじゃないかな。

 

フルサイズのコダック製CCDセンサーが搭載された唯一の存在であるし(M-Eという機種もあるが)、独特の発色も人気の理由だ。

人肌のリアリティは、いまだに随一だと思う。だって、M10は青白いゾンビみたいになることが多々あるし・・人物を撮りたいならM9で、間違いない。

 

ん、待てよ・・。まだ、M9-Pを手に入れていない。採光窓付きがやっぱりライカだよね。

M10-Pに買い替えたばかりで、今度はM9-Pが欲しくなる。

うーん、ライカ沼というは、本当に深いな・・。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました