Leica M10 × オールドレンズ ズマール50mmの生み出す世界

Leica M10
「ふたり」Leica M10 Summar L50mm F2
Leica M10 ズマール デジタルライカ レンズ
この記事は約2分で読めます。

Leica M10とSummar L50mm F2

2017年発売の最新デジタル機種「Leica M10」と、1930年代のオールドレンズ、ぐるぐるボケで有名な「Summar L50mm F2」

この80年の時を超えた、あべこべなボディとレンズの組み合わせ。

この奇妙な楽しみ方ができるのも、ライカの魅力だろう。 アンリ・カルティエ・ブレッソンや、ロバート・キャパが使っていた当時のレンズがL→Mマウントをかませるだけで、操作系も含めてそのまま使うことができる。

「落ち葉」 Summar L50mm F2

うーむ、、これぞ、ズマール

というべき見事なぐるぐるボケ。ピントはあえて外したが、このやわらかい描写、すいこまれそうな世界が切り取れた。

やはりズマールは、他のライカレンズとも違う、独特な存在感をもつ。そのために現代でも人気のレンズである。

「フラッグ」Leica M10 Summar L50mm F2

JPEG撮影を、MACで白黒へ加工した。

中古相場でも、比較的安価で3万円台から手に入る。

ただし、レンズが吹き傷に弱く、状態が良いものを探すのはなかなかに大変である。安いものはそれなりの理由がある。

もはや、その「傷」ですら「味」

といえてしまうのが、ライカのオールドレンズの魅力なのだが。

「ふたり」Leica M10 Summar L50mm F2

ピント周辺も柔らかいがしっかりと映る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました