写真展訪問記#2 ゲルハルト・リヒター展

写真家
Leica M10-R+Summicron 35mm ASPH
写真家
この記事は約1分で読めます。

写真文脈とは異なるかもしれませんが、ドイツ出身の現代アートの巨匠、ゲルハルト・リヒター展に行ってきました。2022年6月7日~10月2日まで開催されていました。

開催場所は、東京 竹橋から徒歩3分の東京国立近代美術館です。

Leica M10-R +Summicron 35mm ASPH

Leica M10-R+Summicron 35mm ASPH

ゲルハルト・リヒター展に、Leica M10-RとSummicron 35mm ASPHの組み合わせで行ってきました。

スポンサーリンク

ゲルハルト・リヒターとは

リヒターは御年90歳を超える「ドイツ最高峰の画家」といわれるアーティストです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました