ヘッドスピン。 Leica M10-P

Leica M10
Leica M10-P Summilux M50mm F1.4 ASPH.
Leica M10 Leica M10-P ズミルックス デジタルライカ
この記事は約2分で読めます。

 

そう、写真は別の僕の趣味は、ブレイクダンス。

主には大学時代にやってた。

卒業して仕事を始めてから、しばらく離れた時期もあったけれど、それをカウントすると、かれこれ10年以上やっている計算になる。カメラより歴が長い、人生の一部だ。

 

こちらは、今でも毎週一緒に練習している仲間の練習風景。

 

 

スタジオ証明で、かつLeicaで動体を補足するのって、とてもむずかしいけども、Leica M10-Pが高感度に強くなったことで、ISO8,000〜10,000くらいでも常用できるから、ピントを絞って被写界深度をとったり、シャッタースピードを追い込んだ、撮影することができる。

M9やM8だとできない芸当。

確実にLeicaも進化している。と感じる瞬間。

 

Leica M10-P Summilux M50mm F1.4 ASPH.

 

そして、Leicaでストリートダンスを撮影する人って、

なかなか他にいないんじゃないんだろうか。

 

そういう意味で、恵まれた環境にいると思う。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました