【ライカ】Bye-bye Leica M10-P 、感謝を込めて。

Leica M10-PLeica M10-P
Leica M10-Pデジタルライカ
この記事は約2分で読めます。

タイトルのとおりですが、Leica M10-Pを、売却しました。

購入から、1年1ヶ月での売却となりました。

 

Leica M10-P
Leica M10-Pの梱包

 

デジライカには、必ず訪れる故障。そして、寿命・・

ライカである前に、電化製品として生まれてきてしまっている以上、フィルムと違って、一生モノのデジタルライカは存在しません。いかにブランドが優れていたとしても逃れられない運命であり、鞍替えは宿命といえます。

消耗品だとしたら割り切るべきと考えます。

 

ステルス性の高い漆黒のボディと、そして、M型史上最小のシャッター。最高でした。

 

コロナ禍に買い、コロナ禍に手放すという、なんとも希有な運命でしたが、1年で撮った写真は、約2万枚。連射しないカメラとしては十分でしょう。

お出かけの際、出勤の際、ほとんどすべての外出で、コイツを持ち出していました。

 

100万円のカメラをこんなに乱雑に、激しく扱ったのは初めてかもしれません。

傷もたくさん付きました。自分にとっては持ち出した証、まさに勲章です。ベースプレートシールは、結局剥がせず仕舞いでしたが・・

 

写真は手元に

ボディは無くなりましたが、撮った写真と、その時の空気感は、しっかりと手元のデータとして残ります。人生の証として、たしかに刻まれました。

 

ということで、これまでの感謝を込めて。

 

いままで、クソお世話になりましたッ!!

ありがとう!!

 

THANKS, M10-P !!

コメント

タイトルとURLをコピーしました