【悲報】Leica M10-Rのストロボシューカバーが劣化してた件

Leica M10
Leica M10Leica M10-Rデジタルライカ
この記事は約3分で読めます。

Leica M10-Rを、導入しています。

Leica M10無印、Leica M10-Pと使ってきて、三代目のLeica M10シリーズです。

 

さて、タイトルに悲報と銘打ちましたが、今回の論点は、ストロボシューカバーについてです。

 

M10シリーズは、このようなストロボシューカバーが付属しており、これがデザイン全体を良くするだけでなく、電子接点を水分や汚れなどから守ってくれる役割を担っています。

 

一世代前に使っていたLeica M10-Pでは、これが金属パーツになり、重量感が増すとともに、ボディの質感と均一になることで、高級感を高めてくれていました。

そう、Leica M10-Pでは。

 

スポンサーリンク

なんとLeica M10-Rでは、再びプラスチック製に

改悪・・

というべきでしょう。

 

最高級なはずのLeica M10-Rでは、チープなプラスチック製に逆戻りしていたのです。

個体差かと思いTwitterでつぶやいたところ、一部のライカユーザーの方から、このようなコメントをいただけましたので、ご紹介します。

 

 

 

 

という具合です。

Leica M10-Rはボディがクローム仕上げですので、質感の違いがそこまで目立つものではないのですが、Leica M10-R ブラックペイントをお使いの方は、現状為す術がない状況のようです。

サムレストもブラッククローム製しかないのです。

 

ライカさん、高級品でこのサイレント修正はどうなんですよ。。

 

これからご購入の方は、念のため。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました