Leica M9とズミルックス:その②

Leica M9
Leica M9ズミルックスデジタルライカレンズ
この記事は約2分で読めます。

今日のカメラは、Leica M9とズミルックス50mmです。

Leica M10-Rが入院することになったから。ということではなく、最近この組み合わせが非常に気に入ってます。

やはり、LEICA M DIGITALの一番の魅力は、フィルムのように使うフィーリングだと思います。

中でも Leica M9以前のCCD機には、その味が色濃く残っており、フィルムカメラのようなフィーリングやレスポンスを味わえるというのが、Leica M9の魅力です。

 

この日は、Summilux M50mm F1.4 ASPH.、現行モデルのズミルックス50mmです。

Leica M9/ Summilux M50mm F1.4 ASPH.

Leica M9/ Summilux M50mm F1.4 ASPH.

1800万画素でも十分な解像感といえますね。

Leica M9/ Summilux M50mm F1.4 ASPH.

Leica M9/ Summilux M50mm F1.4 ASPH.

現行ズミルックスは、ボケ味ももちろんのこと、絞ると現代レンズらしいパキッとした、解像度高い描写をしてくれます。人工ジャングルの都内を撮るのにも向いています。

1本で二面性の表現が楽しめるという意味では、非常にコスパが高いといえるレンズですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました