【Leica】M10-Rと、アポズミ50で撮るクリスマスイルミネーション

Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0Leica M10
Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0
Leica M10Leica M10-Rアポズミクロンデジタルライカ
この記事は約2分で読めます。

クリスマスシーズンが近づき、コロナも感染状況が落ち着いていることから、各地で盛んにイルミネーションが展開されています。

 

昨年2020年は真っ只中ということもあり自粛モードでしたが、その反動もあってか、今年はすごい人手です。

 

例にもれず、六本木のイルミネーションを撮影してきました。

 

機材は、Leica M10-RとApo-Summicron M50mm F2.0を使って、すべて開放F2で撮影しています。

 

R0003682_LEICA M10-R_Apo-Summicron-M 1-2-50 ASPH._1-125 秒 (f - 2.0)__ISO 4000
Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0 ISO 4000 1/125

こちらの写真は、Flickrより等倍で載せています。白と青のイルミネーションが特徴で、とてもきれい。

 

 

Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0 ISO2000 1/125

 

Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0 ISO3200 1/125

 

 

 

Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0
Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0 ISO 1250 1/125

 

 

Leica M10-Rでディナーを撮影 ISO 320 1/180

サルバトーレ・クオモのテラス席より。あたたかい冬が続いていましたので、外でも全然だいじょうぶな気候です。

 

Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0
Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0 ISO 6400 1/500

 

Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0
Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0 ISO 6400 1/60

 

Leica M10-R Apo-Summicron M50mm F2.0 ISO 6400 1/30

この日は、月もきれいでした。

 

最高のボディとレンズを組み合わせると、良い時間がそのままパッキングされたような感覚に。あのときの空気と質感が鮮明に蘇ってきます。

Leica M10-RとApo-Summicron M50mm F2.0だからできる体験だと、そう思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました