Leica M8で、金沢の旅③

Leica M8
Leica M8 NOKTON M35mm F1.4
Leica M8デジタルライカフォクトレンダーレンズ
この記事は約2分で読めます。

金沢の旅シリーズ、最後はこちらも観光名所の一つ、一度は見ておきたいという思いで金沢城へ行ってきた。今回もLeica M8とNOKTON M35mm F1.4の組み合わせで望む。

金沢城は、江戸時代には加賀藩主前田氏の城として栄えた。毎回思うが、こんな城をどうやって攻め落とそうと考えたのだろうか。

スポンサーリンク

金沢城と、金沢城公園

Leica M8 NOKTON M35mm F1.4

圧倒的存在感。こちらはRAWデータでシャドウを上げてみた。しっかりと描写しているのがさすがライカ。

Leica M8 NOKTON M35mm F1.4

金沢城の周りは、金沢城公園として整備され、緑に覆われている。

敷地面積も相当な広さのため、歩いているだけで結構つかれた。こういうときに軽量なライカは非常に嬉しい。とはいえ、僕はライカ以外の日本メーカーの一眼レフは使わないのだが。

Leica M8 NOKTON M35mm F1.4

芝は基本的に立ち入り禁止。

Leica M8 NOKTON M35mm F1.4

こちらは城壁の石垣。形の異なる自然の石が組み上げられた様は、実に見事。

「城壁」Leica M8 NOKTON M35mm F1.4

こちらは城の全景。

Leica M8 NOKTON M35mm F1.4

差し込む太陽の光と、浮かび上がる金沢城。この日は雲が多かった。

Leica M8 NOKTON M35mm F1.4

スポンサーリンク

そして、こちらは金沢の町並み

昔にタイムスリップしたような味のある町並みの風景。

Leica M8 NOKTON M35mm F1.4

金沢は、金箔で有名。 こちらは有名な金箔ハウス。

黄金に輝く内装を、Leica M8でパシャリと。

Leica M8 NOKTON M35mm F1.4

コメント

タイトルとURLをコピーしました