【ライカ】M型 最高解像度 Leica M10-Rがやってきた

デジタルライカ
デジタルライカ
この記事は約1分で読めます。

Leica M10-Pを売却し、Leica M10-Rがやってきました。

歴史上はじめての、4,000万画素のレンジファインダーです。ライカ山の頂に立ったと思います。 

 

レンジファインダーの進化は、もうこのLeica M10-Rで限界なんじゃないかと思います。そして、Mデジタルは、いったんお腹いっぱいです。

 

ここがゴールなのか?

 

はたまた、まだ先があるのか?

 

LEICAのある生活という果てない旅は、まだ続きます。

しばし、お付き合いください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました