Leica M10-Rでお花を。ライカで花を撮る秘訣。

デジタルライカ
この記事は約1分で読めます。

自宅撮影しました。

家に生けてあるお花を撮影。

花を撮るのは、本当に難しいです。

レンジファインダーのライカなら尚更。5割増です。

今回使用のレンズは、Summilux 50mm ASPH。ボケが美しいです。

ボディはLeica M10-R。

これらの撮影はクロップやトリミングはしていません。

代わりに、クローズアップレンズを使用。70cmまでしか寄れないライカですが、ライブビュー搭載機であれば背面で絵作りが可能です。

絞り値は、F4〜11あたりまで絞っています。開放とクローズアップレンズだと、柔らかくボケすぎて、不自然になってしまいます。

テーブルフォトやお花など近接の物を撮る際に、クローズアップレンズが一枚あると非常に便利ですよ。

コメント