35mmの次は、50mm。2022年内に新ズミルックスがリリースの噂。

おすすめ情報
おすすめ情報ズミルックス
この記事は約2分で読めます。

先日アナウンスされたSummilux 35mm ASPH.。0.4メートルまでの近接撮影ができたり、絞り羽が11枚に改善されたりと話題の新Mレンズです。

お値段も、現行の約1.5倍となる80万円程度での発表もあり、色んな意味で盛り上がっています。

 

その興奮冷めやらぬなか、Leica rumorsより、2022年内に「50mmのズミルックス」もリニューアルされるというニュースが飛び込んできました。

 

原文

Back in April I reported that two new Leica 35mm and 50mm Summilux M lenses are rumored to be announced later in 2022:

Leica rumors

4月の我々のレポートによると35mmと50mmのズミルックスMレンズが2022年後半にアナウンスされる見込みだ。

 

The new Leica Summilux-M 35 f/1.4 ASPH lens was just officially announced, so the information I posted a few months ago seems to be correct and we may see a new/refreshed Leica Summilux-M 50 f/1.4 ASPH lens soon as well.

Leica rumors

新しいSummilux M 35mm f1.4 ASPH.は公式にアナウンスされ、このレポートの信憑性が高いことが証明されたので、新たなSummilux M 50mm ASPH.も、期待がかなり高まっている。

とのこと。

 

この噂が本当だとして、リニューアルされるなら、50mmのズミルックスも近接撮影が短くなるんでしょうか。

期待感は自ずと高まりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました