Leica M10+ズミクロン一本で台湾旅行

Leica M10
Leica M10 Summicron 35mm ASPH
Leica M10 ズミクロン デジタルライカ レンズ
この記事は約5分で読めます。

2019年の夏、台湾旅行に行ってきた。

このとき持ち出したのは、Leica M10とズミクロン35mm ASPHのセット。

いさぎよくカメラとレンズ1本で勝負する。この組み合わせは、個人的にいちばんお気に入りで、おそらく最も出動回数が多いと思う。 休日でもほとんどこのコンビを持ち歩いている。

せっかくなのでフィルムライカも持ち出したかったのだが、バックパックだけで旅したかったので、かばんの積載容量の問題でしぶしぶ断念した。

Leica M10 × Summicron 35mm ASPHの作例。やはり海外旅行は35mmが扱いやすいと感じた。このときはJPEG+RAWで撮影。JPEGはすべてモノクロモードで撮影した。なのでカラーの写真は、RAW加工したものをJPEGで書き出している。

スポンサーリンク

定番の観光地 九份(キュウフン)

「千と千尋の神隠し」の舞台として有名な観光スポット。九份(キュウフン)。宮崎駿監督がインスピレーションを受けたというのも頷ける。独特な世界観。

Leica M10 Summicron 35mm ASPH

劇中に登場する湯婆婆(ゆばーば)の住む茶屋のモデルとなったといわれる料理店。

Leica M10 Summicron 35mm ASPH

提灯があちこちにあって、異国情緒を漂わせている。

日本の群馬県伊香保温泉にどことなく似ている印象を受けたが、もっと階段だらけで、もっと狭い。そして。人多すぎ。さすが世界中の観光客が集まる人気スポット。欧米、アジア系、さまざまな人種が見受けられた。

Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH
Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH RAW

裏路地を抜けたところにひっそりと、聖明宮という寺院を発見。表通りと打って変わって全く観光客がいなかったのでおすすめ。

スポンサーリンク

そして、最近人気の十分(シーフェン)

現役の鉄道が走り、その線路の周囲に屋台が立ち並ぶ、こちらも人気スポット十分(シーフェン)。ランタン上げが有名。

Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH RAW

観光客が、縦横無尽に横断したり、寝そべって写真撮影したりしているのだが、この線路、いまでも実際に電車が走っているのだ。

Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH JPEG

信号機も現役でバリバリ稼働している。小一時間ほど滞在したが、電車が見られたのは1度きり。本数が多くないとはいえ撮影を楽しむ観光客の背後からは電車が・・。日本では考えられない光景。

Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH
Leica M10 Summicron M35mm ASPH

そして、願いを書いて飛ばすと、それが叶うという有名なランタン飛ばし。ここ十分の名物だ。

Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH
Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH RAW
Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH RAW

数多くのランタンが大空に舞っていた。

今回行ったのは、日中だったが、夕刻〜夜にかけても幻想的な光景が広がるそうな。

スポンサーリンク

台湾のナイアガラ、十分瀑布

近くにある十分瀑布にも行ってきた。

Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH RAW
Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH RAW

長い吊橋を渡って。(これが結構ゆれる。)

Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH RAW

お土産屋を抜けて、少し歩くと、

Leica M10 Summicron M35mm F2.0 ASPH RAW

たどり着いたのは大迫力の滝。十分瀑布。別名「台湾のナイアガラの滝」ともいわれているらしい。この日40度近い気温だったのだが、滝のマイナスイオンのおかげでひんやり。

自然のクーラーを味わうことができた。

Leica M10 Summicron 35mm ASPH
スポンサーリンク

台湾らしい写真

Leica M10 Summicron 35mm ASPH

十分にあるランタンのお土産。

「門」 M10の暗所耐性に驚愕。影の粘りがすごい。Leica M10 Summicron 35mm ASPH

この旅では、撮影に集中すべく、Leica M10の背面カバーを常時装着状態で回った。基本、撮れた写真を確認するのはホテルに帰ってからのみ、という意気込みで臨んだ。

Leica M10 Summicron 35mm ASPH

結果として、ピンぼけや手ブレの写真。ああ、撮り直ししたいな。と思う写真も量産された。しかし、ピントがあっていることがいい写真なのだろうか? 手振れしてないことがいい写真なのだろうか?  まだまだ記録写真から脱していない証拠だと、自分で痛感する。

Leica M10 Summicron 35mm ASPH

記録写真だけならばiPhone、スマホで十分だ。ほとんど失敗なく、その場を残せる。Leicaを使う意味はそうではなくて、ピントずれしても、手ブレしていても、感性に訴えかける写真は撮れるはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました