【ライカ】M9のやわらかい光が好き。ズミルックス50mmASPH。

Leica M9
M9_Leica Summilux-M 50mm f-1.4 ASPH._1-4000 秒 (f - 1.4)__ISO 160
Leica M9デジタルライカ
この記事は約2分で読めます。

当サイトのアクセスログでも、常に上位に君臨するLeica M9。

今回は、ひさしぶりに作例ということで、Leica M9 × Summilux M50mm F1.4 ASPH.の作品紹介とさせていただければと思います。

 

スポンサーリンク

晩夏のLeica M9ショット

 

開放F1.4のやわらかさ

M9_Leica Summilux-M 50mm f-1.4 ASPH._1-4000 秒 (f – 1.4)__ISO 160

 

日中の開放はなかなかですが、ISO160と、シャッタースピード1/4000であれば、なんとか撮れてしまいます。

 

F1.4の柔らかい世界がそこに。

 

M9_Leica Summilux-M 50mm f-1.4 ASPH._1-2000 秒 (f – 4.0)__ISO 160

 

撮影はRAW撮影で、Lightroom書き出し。

 

今回に限っては、補正はしておりません。

 

 

M9_Leica Summilux-M 50mm f-1.4 ASPH._1-4000 秒 (f – 1.4)__ISO 160

 

やわらかいような。それでいて、あやういような。

繊細なボケ味のレンズと、それを受けとるCCDのセンサーのやさしい世界が、そこにありました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました