Hasselblad

【レビュー】ハッセルブラッド 500Cを愛でる

ライカに比べて、ハッセルブラッドのことを語るネットの記事や、ムック本は少ない。ハッセルブラッドの歴史は、1941年スウェーデンのヴィクター・ハッセルブラッドによって生み出された「HK-7」というカメラから始まった。その後、ヴィクターは1600F
Hasselblad

2020年末、中判フィルム「ハッセルブラッド500C」を購入した理由

ハッセルブラッドの中判フィルムカメラを購入した。今回はライカユーザーである僕が、ライカではなくハッセルブラッドの、しかも中判フィルムの購入に至った理由を記そうと思う。なぜいまさら中判フィルムカメラなのか?僕が中判フィルムに至った大きな理由は2つある。
Leica M10

【謹賀新年】2021 初日の出をLeica M10-Pで撮る

2021年あけましておめでとうございます。 本年もライカのある生活を、よろしくお願いいたします...
おすすめ情報

【2020年総集編】買ってよかったカメラ・レンズ TOP10

2020年、今年も大変お世話になりました。 世の中で最も印象な出来事はコロナウイルスに...
おすすめ情報

Amazonのブラックフライデーでは、これを買え!カメラ周辺アイテム紹介

Amazonのブラックフライデー&サイバーマンデーセールが本日11/27(金)より開始された。 ...
Leica M10

はじめての四国。松山城。Leica M10

2019年夏に撮影。出張で訪れたのは、愛媛県。初めての四国上陸だ。35年生きてて初めての経験。(ちなみに九州はまだ行ったことがない・・) このときはまだ、50mmのレンズは充実してなくて、35mmのSummicron 35mm F2.0 A
Leica M10

ヘッドスピン。 Leica M10-P

そう、写真は別の僕の趣味は、ブレイクダンス。 主には大学時代にや...
Leica M10

野良猫。Leica M10-P

Leica M10-P+Summilux M50mm F1.4 ASPH. ...
Gallery

京都、雨の西本願寺にて。 Leica M10-P

  Leica M10-P+Summilux M50mm F1.4 ASPH. 市内バ...
Gallery

水面

  M10-P Summilux M50mm F1.4 ASPH.
Leica M10

読書。そして、ズマールの魅力

都内のお気に入り読書スポット。 ズマールで切り撮る。 ...
タイトルとURLをコピーしました